こっそり教える六本木キャバ嬢が稼ぐお給料

  • 2017年10月20日 10:14

マネー事情


バブリーな雰囲気が今も続いている六本木界隈のキャバクラ。
六本木のキャバクラ求人を探している女の子の多くはお店のトップを目指したり、他では得られないような収入を目指していると思います。

そこで、みなさんがもっとも気になっているのはやはり“お給料”の問題ではないかと思います。
「他のエリアとはシステムが違うのか、お給料は具体的にどうなのか」、そのあたりの事情について今回は少しまとめてみました。

六本木キャバクラの収入はどんなもの!?

一般的なキャバクラ嬢の平均時給は2000円や3000円と言われていますが、六本木はどうでしょうか。
そもそも六本木では高級店が多く、客単価が非常に高いことでも有名です。

その分、キャバクラ嬢にはある程度還元されているのでは!?と思いますよね。
そこで色々なお店の時給を調べてみたところ、時給5000円を超えているお店が多く、中には時給10000円を超えている所も多数ありました。

つまり低めのラインでみたとしても、平均時給は5000円を超えているということですね!
これは他のエリアと比較すると、遥かに高いラインと言えるでしょう。
他のエリアである程度人気をもっていた嬢が、六本木に移動するなり一気に収入がアップしたなんて話は良く聞く話です。

ちなみに、六本木界隈のキャバクラでナンバーワンキャバ嬢ともなると、その収入も桁違いな雰囲気がしてきますよね。
低い方でも月収ベースで200~300万円以上ですし、もっと高い方となれば月収で1500万円前後という方もいらっしゃいます。
2,3年もあればサラリーマンの生涯収入を超えるような金額ですよね。

というわけで、やはり六本木ドリームは今も健在、ということになります。
だからこそ、地方で人気を持っていた嬢が次々とこのエリアに来るのではないかと思います。

お給料のシステム事情

キャバクラにつきもののバック制度やペナルティ制度、果たして六本木ではどのようなシステムになっているのかと言いますと、実はなかなかお店によって厳しい面があります。
通常、キャバ嬢が稼げるのは時給以外に発生するバックのお陰ではないかと思います。
指名、同伴、そういったポイントなどで収入があがっていくのが一般的ですよね。

でも、六本木ではキャバクラによってこの制度が異なっていることが多いのです。
場内指名ではバックがつかなかったり、そもそも制度自体がなく、ポイント制のみで時給に反映というパターンもあります。

また、ペナルティはもちろん六本木でも健在です。
この界隈では売り上げが出せなければ時給がカットされる、というものが多い傾向があります。
その代わり、入店から数カ月は指名がなくても入店時の時給を保証する出勤保障制度があるので、保障されている内にしっかりとお客さんをつけなければいけません。